鼻 ブツブツ ニキビ

鼻のニキビってどうしてできる?

鼻 ブツブツ ニキビ

人の顔で一番目に付くところにあるのが鼻ですが、小鼻の脇や鼻の下、鼻のてっぺんなどにニキビができてしまったら、人の目が気になってしょうがないですよね?
鼻のニキビは目立つうえに痛みが伴うことが多いため、化粧やマスクもできず隠し切れない困りものです。
ニキビは、分泌された皮脂が毛穴に詰まり、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすとできます。
鼻は、溝に洗顔料や化粧汚れが残ってしまい、皮脂と汚れが残りやすいので、ニキビができやすい場所なのです。
さらに、鼻を触る・鼻水をかむなどの刺激を与えているためにニキビの炎症を悪化させてしまう場合もあります。

 

最大の原因は皮脂の過剰分泌

鼻には毛孔(毛穴)が多く存在し、そこから皮脂が分泌されます。
毛穴に皮脂が詰まっても、自然に排出されるのですが、過剰に分泌された場合は排出できずに溜まってしまいます。
そこからアクネ菌が増えて炎症を起こしてニキビができるので、鼻のニキビの最大の原因は皮脂の過剰分泌なのです。
皮脂が過剰に分泌される原因は、ホルモンバランスが崩れたり、思春期による男性ホルモンの増加、生理周期による黄体ホルモンの増加、偏った栄養バランス、ストレス、不眠などです。
皮脂の分泌をうまくコントロールすることが、ニキビの改善の鍵になると言えるでしょう。

 

胃の不調もニキビの原因になる?

胃の調子が悪いと、吹き出物が出て肌トラブルがおきる人も多いのではないでしょうか?
消化器官がうまく機能していないと、毒素が排出されないので肌に出てくるとも言われています。
また、胃腸の調子は自律神経のバランスが崩れることによって悪くなるので、自律神経の不調により皮脂の分泌が過剰になり、ニキビができてしてしまう事もあるそうです。
ただ、胃の不調と肌トラブルに因果関係があるとはハッキリ言えず、ニキビの原因がすべてそれだと断言することもできません。
しかし、肌のターンオーバーや老廃物の排出は、内臓が健康であった方が正常に働いてくれるので、暴飲暴食を控えるなどして胃をいたわり生活習慣を改めることは大切です。

 

鼻や鼻の周りが赤くブツブツに!これもニキビ?

鼻や鼻の周りに赤くブツブツができることがありますが、ケアをしても改善しない場合は、ニキビ以外の皮膚疾患を疑ったほうがよいでしょう。
実は、鼻ニキビは炎症を起こした赤ニキビにはなりにくいのです。
鼻周辺にできる赤いブツブツは、マラセチア属真菌による皮膚病(脂漏性湿疹)の可能性があります。
マラセチア属真菌とはカビの一種で、アクネ菌のように皮脂をエサとしているので、繁殖すると皮膚炎を起こしてしまうのです。
カビは高温多湿を好むため、夏など汗や皮脂を分泌しやすい時期には要注意です。
皮膚科で検査をしてニキビなのか脂漏性湿疹なのかを判断してもらい、薬などで適切な治療をすることをおすすめします。

 

鼻のニキビを治す方法

毛穴パックはニキビケアに有効?

毛穴に詰まった角栓を取る毛穴パックは、使った後のスッキリ感からハマっている人が多いスキンケア用品です。
毛穴の詰まりを取ってくれるので、ニキビの原因であるアクネ菌の繁殖が抑えられて、ニキビができにくくなるような感じがします。
しかし、毛穴パックをやりすぎると逆に皮脂が分泌されるようになってしまい、ニキビが増えてしまうのです。
また、必要な角質まで剥がしてしまうのでターンオーバーが乱れてしまいます。
さらに、ニキビができてきている時に「強引に角栓を引き抜き、角質まで剥がす」事をしてしまうと肌に刺激になるので逆効果です。
鼻にニキビができるおそれがある時は、なるべくいじらないことが大切です。

 

潰して治しても問題ない?

よくニキビは潰して膿を出してしまうと早く治ると言われているため、ついつい潰してしまっていませんか?
鼻は特に目立つ場所なので、早くなくしてしまいたいからと潰す人も少なくありません。
しかし、ニキビをつぶすと肌に負担がかかり、汚れたままの指や爪で触ると雑菌がつき炎症を悪化させる危険性があるのでNG行為なのです。
また、症状が進行したニキビを潰すと炎症を悪化させて跡(特にクレーター状)が残る可能性があります。
ニキビを潰したからと言って早く治るわけではなく、逆に肌を傷つけてしまうので触ることは避けたほうがいいでしょう。

 

正しい洗顔が最も重要

ニキビの原因である皮脂をきれいにするには、正しい洗顔が最も重要になってきます。
実は、肌の汚れはぬるま湯などで簡単に落ちるのですが、ニキビを気にして洗いすぎると肌が乾燥し、皮膚がゴワゴワに硬くなってしまいニキビが治りにくくなるのです。
また、皮膚が乾燥することで皮脂が過剰に分泌され、新たなニキビができる原因になる恐れもあるので、正しい方法で洗顔しましょう。
洗顔をする時は、まず手をきれいにして雑菌を洗い流してからぬるま湯で顔を予洗いをし、ふわふわに泡立てた泡で優しく包み込むようにマッサージします。
泡洗浄が終わったら、ぬるま湯で洗顔料が残らないようにきっちり洗い流し、最後に清潔なタオルでポンポンと優しく水分を拭きます。
雑菌を肌に付けず、なるべく刺激を与えずに洗顔をするとよいでしょう。

 

洗顔後は必ず保湿

洗顔が終わったら、放っておかず必ず保湿をすることも大切です。
肌が乾燥していると、肌に皮脂が必要と体が判断して皮脂分泌を促し、ニキビが悪化してしまいます。
また、ターンオーバーが乱れて古い角質が溜まってしまったり、肌バリアが十分に生成されず刺激に対して過敏な肌にもなってしまうのです。
タオルで水分を拭いた後は、水分を逃がさないためにニキビケア用の化粧水やクリーム、乳液などで保湿してください。
ニキビケア用品にも色々な効能を持つものがあるので、自分に合ったものを選ぶのがよいでしょう。
肌のターンオーバーを正常にすることで、ニキビが改善しやすい肌環境を作ることができるのです。

 

紫外線対策も忘れずに

肌に刺激を与える原因の一つに紫外線の存在があります。
紫外線には色々な種類がありますが、特に肌の表面に刺激を与えてしまうUV-Bを浴びてしまうと軽いやけど状態になり炎症を悪化させます。
そして、ターンオーバーが乱れ角質が厚くなるので、ニキビ肌にはダメージが大きいのです。
そのため、外出の際にはUVカット加工の帽子をかぶる、日焼け止めを塗る、ビタミンCなどの美白効果のあるサプリメントを摂取するなどの対策をしましょう。
日焼け止めもノンケミカルなどの低刺激性を選んで使用すると、肌に優しくさらに効果的と言えるでしょう。

 

鼻のニキビケアに使える洗顔料の選び方

ニキビケア用の洗顔料は低刺激性のものを選ぶと肌に負担なく使用することができますが、どのような点に注意して選んだらよいのでしょうか?
まず洗顔料にはよく界面活性剤という洗浄成分が含まれていますが、洗浄成分が強力で、これを使いすぎると、皮脂や汚れどころか、皮膚に必要な肌バリア機能まで落とされてしまい肌にダメージを受けやすくなります。
また、オイルが使用されている洗顔料は、洗い残しがあると肌に油分が残ってしまい、そこからニキビが増殖する恐れがあります。
洗顔料を選ぶときは、界面活性剤不使用・オイルフリーの製品を選ぶことをおすすめします。
「実際にどんな洗顔料を選べばいいの?」という方は、こちらのページをごらんください。
鼻のニキビケアにおすすめの洗顔料をご紹介しています。

ビオルガクレンジング

いちご鼻のケアにはビオルガクレンジング!
いちご鼻、鼻のぶつぶつは洗顔でのケアが効果的です。
「ビオルガクレンジング」は毛穴の悩みを考えて作られた、毛穴ケアに特化した洗顔フォームです!
いちご鼻の原因である毛穴汚れを落とし、配合されている和漢・美容成分によって、毛穴を目立たなくする効果があります。
今なら通常購入で3,990円のところ、初回限定で62%OFFの1500円(税抜)でお得に購入が可能です!

ビオルガクレンジング公式サイト