鼻 ぶつぶつ メイク

1.鼻のぶつぶつをメイクで隠すのは危険?

鼻の黒いぶつぶつは、簡単に解消できる症状ではないため、毎日しっかりとメイクをして隠しているという人も多いのではないでしょうか。
ネットや雑誌などでも、気になる毛穴の開きや黒ずみを消すメイク術なども紹介され、鼻の黒いぶつぶつはメイクで解消するといった考えの人も多いかもしれません。
しかし、このようなメイクは鼻のぶつぶつ解消にはつながらないどころか、そのメイクによってさらに悪化させる原因ともなります。
鼻のぶつぶつが気になっている人は、メイクで隠すことばかりに注目するのではなく、根本的な解決にも注目してケアしていきましょう。

 

鼻のぶつぶつ メイク

 

1-1.化粧下地を濃くすると悪化することも

毛穴の凹凸や黒ずみを消すために、しっかりと化粧下地を塗っているという人もいるのではないでしょうか。
メイク術としても、毛穴が気になる人にとってこの化粧下地は重要なポイントとなります。
しかし、毛穴を気にするあまりに、この化粧下地で大きな肌に負担をかけていることを忘れてはいけません。
隠すには化粧下地はとても有効なのですが、厚塗りをすることにより、毛穴は詰まり、肌環境はどんどんと悪化をしてしまいます。
肌の状態を悪化させることは、さらに鼻の黒いぶつぶつを悪化させてしまいます。
鼻のぶつぶつが気になるからといって化粧下地を厚塗りをするのはやめましょう。

 

1-2.黒いぶつぶつの正体は角栓と汚れ

根本的な解決をするために、まずこの鼻のぶつぶつの原因を知っておきましょう。
この原因は角栓と汚れにあります。
毛穴に皮脂や古い角質、汚れなどが詰まることでできるのが角栓です。
この角栓ができてしまうと、頭部分が酸化をして黒いぶつぶつとなってしまいます。
毎日しっかりメイクをすることにより、メイク汚れが毛穴の中に詰まってしまい角栓ができ、この症状になってしまうのです。
肌機能が正常化していれば、少々の汚れや角栓なども輩出してくれるのですが、肌機能が低下していれば機能も働くことなく、何をしても解決できない鼻のぶつぶつとなってしまいます。

 

1-3.根本的な改善が重要

鼻のぶつぶつの原因に角栓や毛穴汚れがあることから、毛穴ケアをすればいいと思うのですが、毛穴の汚れを取り除いたからといって根本的な改善にはなりません。
大切なのは肌の正常化です。
肌が正常化していない状態で、毛穴汚れを取り除いたとしても、また毛穴の中に汚れが溜まり角栓ができてしまって、いつまでたってもこの症状で悩まされることになります。
肌機能が正常に働いていないために、毛穴は開きっぱなしで常に毛穴に角栓や汚れが溜まりやすくなっています。
毎日の適切なスキンケアを続けて肌機能を正常化させることが、鼻のぶつぶつの根本的な解決につながります。

2.落としきれないメイクは鼻のぶつぶつを悪化させる

忙しい生活を送っていると、メイク落としが面倒と感じる人もいるのではないでしょうか。
残業が続き、深夜まで働いた時にはスキンケアなども一切せず、部屋に帰ってそのまま寝てしまうという人もいるかもしれません。
疲れている時には、食事すら面倒と感じすぐにでも寝たいものです。
しかし、そんな生活を送っていれば、気づいた時には鼻のぶつぶつが悪化していることになります。
また、綺麗に落としたつもりでいても、毛穴にメイク汚れが残っていれば肌のトラブルの原因となります。
毛穴汚れは、鼻のぶつぶつを悪化させる原因ともなることから、毎日のメイクはしっかりと落とす必要があります。

 

2-1.メイクをしっかりと落とす方法

鼻のぶつぶつには毎日のメイクをしっかりと落とすことが必要になります。
しかし、このメイクはなかなか落ちず、どうしてもメイク落としが面倒と感じてしまいます。
そのため、よく拭き取りタイプのメイク落としを利用しているという人もいるのではないでしょうか。
このタイプのメイク落としはお手軽なのですが、毛穴汚れまでは落とすことができず、鼻のぶつぶつの原因ともなります。
メイク落としではオイルやリキッドタイプがおすすめです。
このタイプは肌に大きな刺激となると思う人もいるかもしれませんが、大切なのはメイク落としの時間です。
肌に優しくても、メイクを落としにくく、力が入ったり時間がかかることで肌に負担かかることもあることから、メイクがしっかりと落とせるタイプを選ぶことも大切です。

3.鼻のぶつぶつをメイクで隠しているときのお化粧直し

メイクで隠すときに注意が必要なのがお化粧直しです。
薄めのメイクをしていても、この化粧直しによってファンデーションを重ねていたのでは、結局厚塗りのメイクとなってしまいます。
おすすめの方法としては、メイク直しをしなくてもいい状態を作ることです。
メイクは乾燥するとどうしても崩れやすくなります。
オフィス環境によっては空調が効きすぎて乾燥しやすいという人もいるのではないでしょうか。
そんな人は、スプレータイプの化粧水を用意しておきましょう。
定期的に化粧水で水分を与えることにより乾燥を防ぎ、メイク直しの手間もなくなります。

 

3-1.コンシーラーやリキッドファンデーションの有効活用

コンシーラーもリキッドタイプとスティックタイプを使い分けましょう。
凹凸が気になるほどの毛穴の開きがあるという人は、リキッドタイプが向いていますし、黒ずみが気になる人は、手間がかかりますがスティックタイプを使うと上手く隠すことができます。
ファンデーションはパウダータイプではなく、リキッドファンデーションを使うようにしましょう。
また、ファンデーションの色選びも重要なポイントとなります。
肌色に合っているものならいいのですが、暗い色を選んでしまうとかえって目立つこともあり、少し明るめの色を選ぶことをおすすめします。

 

3-2.赤みやかゆみが出た場合はアレルギーの可能性も

メイクで毎日気になる毛穴の黒ずみを隠していると、その部分が赤みが出たり、かゆみなどの症状が出ることがあります。
日頃から気にしている部分でもあることから、念入りのケアによって肌機能が低下してこのような症状が出ることもありますし、場合によってアレルギー反応を起こしていることもあり、赤みが出た場合には注意が必要です。
肌機能が低下しているために、いつも使っている化粧品でも大きな刺激となってしまうことがあります。
また、鼻のぶつぶつを隠すために、化粧品を変えたという時に出る症状はアレルギーの可能性大です。
新しい化粧品に含まれる成分が肌に合っていないために、赤みやかゆみが出てしまいます。
このような場合では、その化粧品の使用をすぐに中止することが大切です。

4.鼻のぶつぶつをメイクで隠し続けて失敗した体験談

鼻の黒ずみで悩んでいた人の口コミを見ると、ファンデーションなどで黒ずみを隠そうとすると、メイクをしっかりと落とさないと毛穴に詰まってしまって、余計に鼻の黒ずみを作ってしまうという声を見ることができました。
なかなか解消できない鼻の黒ずみを手っ取り早く隠す方法としてメイクがあるのですが、そのメイクによって悪化させてしまいます。
この人は、この鼻の黒ずみを解消するために、二週間に一度はピーリングをして、休日などを利用してメイクをしない日を作っているようです。
一番良いのが、このメイクをしない日を作ることだそうで、この日を作ることで肌に休息を与えることができます。

ビオルガクレンジング

いちご鼻のケアにはビオルガクレンジング!
いちご鼻、鼻のぶつぶつは洗顔でのケアが効果的です。
「ビオルガクレンジング」は毛穴の悩みを考えて作られた、毛穴ケアに特化した洗顔フォームです!
いちご鼻の原因である毛穴汚れを落とし、配合されている和漢・美容成分によって、毛穴を目立たなくする効果があります。
今なら通常購入で3,990円のところ、初回限定で62%OFFの1500円(税抜)でお得に購入が可能です!

ビオルガクレンジング公式サイト