鼻 毛穴 黒ずみ

1.目立つ鼻の毛穴の黒ずみができる原因

鼻の黒ずみが気になるあまり、過剰に洗顔をしすぎて、鼻が赤くなってしまったといった人もいるのではないでしょうか。
鼻の黒ずみは、汚れなどが原因となることもあり、肌表面の汚れを洗顔で綺麗にすればいいのではないかと思う人もいるかもしれませんが、ただ洗顔をしただけではこの黒ずみは解消されません。
一時的なケアでは毛穴パックなども有効なのですが、気づいたころにはまた同じように黒ずみができてしまいます。
この黒ずみができる原因に角栓があります。
黒ずみを解消するためには、角栓ができないような肌にすることが重要です。
角栓ができてしまう肌では、毛穴パックで角栓を取り除いてもまた同じ黒ずみができることになります。

 

1-1.なかなか取れない黒ずみの正体は酸化した角栓

鼻の黒ずみの原因に角栓があるのですが、角栓ができることでどうしてあの嫌な黒ずみとなってしまうのでしょうか。
その理由は角栓が酸化してしまうことにあります。
リンゴなどを切ってそのまま置いておくと黒く変色することは誰でも知っていることですが、この黒く変色するのは、リンゴの断面が空気に触れることによって起こります。
これと同じようなことが角栓でも起こり、黒ずみとなってしまうのです。
それなら、毛穴パックやピンセットなどを使って角栓を取り除けば問題ないと思いがちですが、そのケアではまた角栓ができてしまい、いつまでたっても根本的な改善をすることができません。

 

1-2.鼻の毛が黒ずみの原因となることも

鼻の黒ずみの原因となるのは、多くが角栓なのですが、それ以外にも意外なものが気になる黒ずみの原因となっていることもあります。
それが鼻の毛です。
鏡でよく見るとわかるのですが、鼻には小さな濃い毛が生えていることがわかります。
この毛が、遠目で見ると鼻の黒ずみとなって見えることもあります。
これは肌でもよくある症状で、肌がくすんで見える理由に産毛が関係していることもあり、産毛を脱毛することにより、肌がとても綺麗に見えることもあります。
鼻の黒ずみが気になっている人は、一度鏡でよく確認して、濃い毛があるのなら脱毛をしてみることをおすすめします。

 

1-3.メイクの洗い残しにも注意

女性にとって毎日のメイクは社会人としてのマナーとしてとらえている人も多くいます。
接客業などでは相手に良い印象を与えることも仕事の一つでもあり、メイクも重要な要素です。
しかし、メイクは肌には大きな負担となることもあります。
そのため、自宅でのメイク落としは非常に重要です。
メイクが毛穴の中に残っていたのでは、毛穴が詰まり、鼻の黒ずみの原因となります。
そして、その鼻の黒ずみを隠すために濃いメイクをすれば、さらに肌に負担をかけ、鼻の黒ずみができやすい状態になってしまいます。
仕事で疲れているのにメイクを落とすのは面倒かもしれませんが、鼻の黒ずみを解消するには、洗い残しには注意が必要です。

2.鼻の毛穴の黒ずみを取る方法を徹底解説!

鼻の黒ずみケアと聞くと、多くの人が毛穴パックをイメージすると思いますが、このケア方法では根本的な解決ができませんし、さらに悪化させる原因ともなります。
角栓ケアでは、肌への負担は禁物です。
できるだけ肌への負担を減らしたケアをすることが、肌サイクルを整えることになり、角栓ができにくい肌作りにもつながります。
毛穴パック以外にどんな方法があるのかと思う人もいるかもしれませんが、基本は適切なスキンケアです。
鼻の黒ずみをすぐに取り除いて解決するのではなく、角栓を作らないような肌を取り戻すことが、結果的に黒ずみを取り除くことになります。

 

2-1.基本はやはり洗顔

鼻の黒ずみを取る方法として、まず重要になるのがスキンケアでの基本である洗顔です。
この洗顔方法はとても重要なポイントです。
洗顔によって黒ずみを取り除こうということではなく、肌の汚れを落として、肌サイクルを整えるということです。
そのためには、洗顔料は肌の負担が少ないものを使い、しっかりと泡立てて、手からの摩擦を与えない洗顔をすることが大切です。
また、どんなに洗浄力の弱い洗顔料を使っていても、洗顔後の肌は無防備な状態になります。
洗顔後には、保湿成分が配合された化粧水や美容液などを使い、しっかりと保湿をしましょう。

 

2-2.黒ずみ除去に有効なオロナインパック

どうしても明日までに、鼻の黒ずみを何とかしたいということもよくありますよね。
そんな時には毛穴パックが効果的なのですが、どうしても上手く取り除けなかったり、肌に大きな負担をかけることになります。
これを軽減できるのがオロナインパックです。
通常の毛穴パックをする前に、鼻全体にオロナインをたっぷり塗ってパックをします。
その後、しっかりとオロナインを洗い流して、通常の毛穴パックをします。
オロナインに含まれる成分によって角質が柔らかくなり、通常以上に角栓を取り除くことができ、毛穴への負担も減らすことができます。

 

2-3.オリーブオイルやベビーオイルと綿棒で徹底ケア!

皮脂も混ざり合っている角栓には、オリーブオイルやベビーオイルといった、オイルを使ってのケアが効果的です。
綿棒を使って優しく気になる部分を転がすようにケアをすることで、少しずつ角栓を取り除いていくことができます。
このケアでのポイントが綿棒を使うという点です。
オリーブオイルやベビーオイルで角栓を柔らかくして取り除けるのなら、手にオイルをつけてマッサージをすればいいのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。
しかし、手には雑菌がついていますし、この角栓ケアでは肌に負担をかけないことが重要で、手でマッサージをすることで、余計な負担をかけてしまう可能性もあります。
このケアでは、綿棒を転がすようにマッサージをすることで肌に負担をかけず衛生的なケアが可能となります。

 

鼻のぶつぶつ ベビーオイル

 

2-4.ニベアも黒ずみケアに有効

安いところなら500円も出せばおつりがくるほど、低価格で昔から親しまれているニベアの青缶。
このスキンケアクリームでも効果的な鼻の黒ずみケアをすることができます。
やり方もとても簡単で、お風呂や蒸しタオルなどを利用して、毛穴を開きやすくして、ニベアを鼻にたっぷりと塗り、ラップでパックし、5〜10分程度放置して洗顔をするだけのケア方法です。
ニベアに含まれる成分によって角質や肌を柔らかくすることができ、角質を取り除きやすくすることができます。
ニベアクリームは、肌の健康を保つためにも効果的なので、肌サイクルを整えながら角栓ケアをすることができます。

3.どうしてもダメな場合は皮膚科での治療を

毛穴パック以外にもいろいろな毛穴ケア方法があります。
鼻の黒ずみをケアをしてくためには、肌サイクルを整える必要もあることから、短期間での改善は難しく、継続したケアを続けることが大切です。
適切なスキンケアをすることにより、徐々に肌サイクルが整い、角栓ができにくい肌を作ることができます。
しかし、そのケアを続けていても効果が見られないという場合には、一度皮膚科での治療を受けることも一つの方法です。
専門家によって、今の肌の状態を診断してもらい、適切な治療を受けることで気になっていた黒ずみを解消することができます。

ビオルガクレンジング

いちご鼻のケアにはビオルガクレンジング!
いちご鼻、鼻のぶつぶつは洗顔でのケアが効果的です。
「ビオルガクレンジング」は毛穴の悩みを考えて作られた、毛穴ケアに特化した洗顔フォームです!
いちご鼻の原因である毛穴汚れを落とし、配合されている和漢・美容成分によって、毛穴を目立たなくする効果があります。
今なら通常購入で3,990円のところ、初回限定で62%OFFの1500円(税抜)でお得に購入が可能です!

ビオルガクレンジング公式サイト