鼻 角栓

1.鼻の角栓の正体とは

いつも鼻に角栓ができてしまうと悩んでいる人も多いと思います。
この角栓の正体は、皮脂や汚れにあります。
角栓で悩んでいる人の多くが、皮脂や汚れが原因であることはよく知っている事実ではないでしょうか。
そのため、毎日しっかりと洗顔をしたり、毛穴パックで定期的に角栓ケアをするのですが、いつの間にかまた角栓ができてしまいます。
この厄介な角栓ケアをするためには、まず原因を正確に知って、適切なケアをしていくことが大切です。
間違ったケアを続けていると、皮膚がどんどんと硬くなってしまい、治りにくい状態になってしまいます。

 

鼻 角栓 正体

 

1-1.毛穴に詰まる皮脂や汚れ

角栓の正体は皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまうことです。
皮脂の分泌量が多いとどうしても毛穴が詰まりやすくなりますし、毛穴の中にメイク汚れなどが残っていれば、さらに詰まりやすい毛穴となります。
皮脂の分泌量は年齢や生活習慣なども関係しています。
年齢が若いと皮脂分泌量は多いですし、ストレスが多い生活、睡眠不足などの生活習慣もこの皮脂の分泌量に影響を与えます。
また、毎日メイク落としだけはしっかりとしているという人でも、毛穴の中にはメイク汚れが残っている場合もあります。
このように、毎日の生活習慣やスキンケアによって毛穴が詰まりやすくなり、角栓を作ってしまうのです。

 

1-2.皮脂が酸化すると黒くなる!

角栓といっても白っぽいものもあれば、黒いものもあります。
白っぽい角栓ならメイクで簡単に隠せるのですが、黒いものとなるとメイクが厚塗りになり、さらに毛穴を詰まらせる原因となることもあります。
この黒い角栓、実は酸化してしまった状態なんです。
白っぽい角栓も、そのまま放置することにより、空気に触れる時間が長く酸化して目立つ黒い角栓になってしまいます。
また、角栓は時間が経つと黒く変色するだけでなく、硬くなっていきます。
そんな硬くなった角栓が毛穴の中にとどまれば、当然毛穴が開いてしまうことになり、毛穴パックで角栓を取り除いても、毛穴が開いていたのではすぐに汚れなども溜まりやすい状態となります。

 

1-3.乾燥が角栓の原因に!?

角栓ができる原因が皮脂であるのなら、皮脂の過剰分泌を起こしている人にできやすいものでは?と思ってしまいますよね。
しかし、乾燥肌や敏感肌といった人でも角栓はできます。
その原因が肌サイクルにあります。
乾燥肌や敏感肌の人の場合、肌サイクルが乱れているため、新しくできる皮膚の細胞も未完成のものが多く、角質がはがれやすいという特徴があります。
角質がはがれやすいということは、少量の皮脂でも毛穴が詰まりやすいということです。
また乾燥肌や敏感肌は皮膚が硬く、毛穴の柔軟性にも欠けているため角栓ができやすくなります。

2.鼻の角栓の取り方を徹底解説!

角栓は放置をすれば黒く変色し、黒ずみの原因ともなることから、少しでも早く取り除きたいと誰でも思いますよね。
しかし、無理なケア方法は肌のターンオーバーを乱したり、肌トラブルの原因ともなります。
角栓や黒ずみなど、毛穴対策には肌に優しいセルフケアが必要になります。
この角栓ケアでは焦りは禁物です。
短時間で角栓を取り除く方法では、肌への負担も大きく、皮膚が硬くなり、角栓ケアをしているつもりが、角栓ができやすい肌を自分で作ることにもなってしまいます。
焦らず、時間をかけてケアをすることで、角質ができやすい肌も、徐々に角質ができにくい綺麗な肌へ変わります。

 

2-1.正しい洗顔方法とは

正しい洗顔とはズバリ洗い過ぎないことです。
角栓が気になるとどうしても洗いすぎてしまいますが、洗顔をすることにより肌に必要な成分まで落とすことになり、肌のバリア機能が低下してしまいます。
バリア機能が低下してしまうと回復までには時間がかかります。
そのため、毎日の洗顔ではバリア機能が低下しない程度にすることが必要です。
まず、手には多くの雑菌がついていることから、洗顔前にはしっかりと手を洗いましょう。
そして、洗顔料をしっかりと泡立てます。
この時に泡立てネットを使うと便利です。
しっかりと泡立てたら、肌に負担をかけないよう優しく洗い、キレイにすすいだ後は、肌についた水分を優しく押すように取り除きましょう。

 

2-2.保湿ケアも重要

洗顔後の保湿ケアは肌のターンオーバーを正常化させるための重要なポイントです。
肌が乾燥しがちという人は、化粧水だけでなく美容液や保湿クリームなども使いながらしっかりと保湿をすることが大切です。
保湿をすることで肌に潤いを与え、硬くなった肌も柔らかくなり、角栓を取り除きやすい環境を作ることができます。
洗顔後すぐに保湿ケアをしないと、オイリー肌の人でも乾燥肌になることがあります。
オイリー肌の人は、保湿ケアを軽視しがちですが、しっかりと保湿をすることは、肌のターンオーバーを整えるためには重要なことです。

 

2-3.綿棒とオリーブオイルでお手軽ケア

少しでも早く厄介な角栓を取り除きたいという人におすすめの毛穴ケア方法として、綿棒とオリーブオイルを使った方法があります。
角栓は皮脂も関係していることから、油との相性がよく、オリーブオイルを角栓に塗ることで、角栓に浸透して柔らかくすることができます。
綿棒にオリーブオイルを付け、肌に負担をかけないように、綿棒を転がすように気になる部分に塗るというお手軽なケア方法です。
このケアをする前に、電子レンジで蒸しタオルを作って毛穴を開かせてやるとさらに効果的です。
綿棒とオリーブオイルというアイテムを上手く利用して、効果的な毛穴周りのケアをしてみてはいかがでしょうか。

3.知らないと危険!間違った角栓ケア方法

角栓の原因に肌のターンオーバーの乱れがあります。
ターンオーバーを促進させる効果があることで知られているのがピーリングです。
ピーリングをすることにより古い角質を取り除くことができるため、角栓ケアとしても有効な方法の一つです。
しかし、ピーリングは肌に大きな負担を与えることから、やり過ぎてしまうと、逆にターンオーバーを乱し、治りにくい状態となってしまうこともあります。
効果的な角栓ケア方法はいくつかありますが、どのケアをするにしても、過剰なケアは控えるようにしましょう。
ターンオーバーを正常化させることを中心に考えて、肌に無理のないケアをすることが大切です。

 

3-1.皮脂の落としすぎに要注意

鼻の角栓が気になると、どうしても肌だけ念入りに洗ってしまいますよね。
さらには、なかなか取り除けない角栓を少しでも取り除こうとすれば力が入ってしまいます。
このような洗い方をしていたのでは、皮脂の落としすぎにもなりますし、肌に余計な負担がかかりターンオーバーの乱れにもつながります。
過剰な洗顔は皮脂の落とし過ぎや肌への負担をかけることになり、肌機能が低下することで乾燥肌や敏感肌の原因にもなってしまいます。
角栓ケアは焦らないことが鉄則です。
肌の回復力を信じて、肌に余計な負担をかけないスキンケアを心がけましょう。

 

3-2.ピンセットで角栓を抜くのは大丈夫?

角栓が鼻にできると、鼻を触ったときにざらつきを感じる時があります。
角栓には、触ってざらつきを感じる凸凹したタイプと、全くざらつきを感じないタイプもあります。
この凸凹しているタイプでは、角栓の頭が飛び出していることもあり、そんな角栓を見るとどうしてもピンセットなどでとりたくなりますよね。
しかし、このピンセットで取り除くことは避けるようにしましょう。
毛穴の中にある角栓が皮膚とくっついているケースもあり、無理にピンセットで取り除くと毛穴を傷つけてしまい、新たな黒ずみを作ることにもなってしまいます。

 

3-3.毛穴パックは使用頻度に注意

角栓ケアでは多くの人が毛穴パックを利用しているのではないでしょうか。
毛穴パックを使って、角栓がたくさん取れると気持ちいいですよね。
しかし、頻繁に毛穴パックを使っていると、肌のターンオーバーが乱れ、毛穴が広がり、さらにひどい状況になることもあります。
どうしても明日までに、気になる鼻の黒ずみを何とかしたいという時には有効な方法なのですが、根本的な解消をしたいと考えるのなら、なるべく使用するのを控えるようにしましょう。
この毛穴パックはピンセットで取り除くのと同じように無理に角栓を取り除くので、毛穴に大きな負担がかかることがあります。

ビオルガクレンジング

いちご鼻のケアにはビオルガクレンジング!
いちご鼻、鼻のぶつぶつは洗顔でのケアが効果的です。
「ビオルガクレンジング」は毛穴の悩みを考えて作られた、毛穴ケアに特化した洗顔フォームです!
いちご鼻の原因である毛穴汚れを落とし、配合されている和漢・美容成分によって、毛穴を目立たなくする効果があります。
今なら通常購入で3,990円のところ、初回限定で62%OFFの1500円(税抜)でお得に購入が可能です!

ビオルガクレンジング公式サイト