鼻の黒ずみ パック

1.毛穴パックで黒ずみが悪化する?

鼻の黒ずみ パック

 

イチゴ鼻となった状態は見た目が悪く、恥ずかしいと感じる人も多くいると思います。
この状態を解消するアイテムに毛穴パックがあり、こういったアイテムを利用すれば手軽に角栓ケアができるため、イチゴ鼻の原因である黒ずみもすぐに解消することができます。
黒ずみは角栓が酸化して起こる症状のため、毛穴パックで角栓を取り除けば解消できるのです。
しかし、毛穴パックはシートで皮膚表面をはがしてしまったり、毛穴周辺にダメージを与えやすく、黒ずみが悪化し、さらにひどいイチゴ鼻になってしまうこともあります。
毛穴パックをして角栓対策をすればイチゴ鼻も解決できると思っている人もいるかもしれませんが、毛穴パックは一時的な解消はできても、根本的に解決できるケア方法ではありません。

 

1-1.角栓除去だけじゃない!角質層にもダメージ

毛穴パックによって肌にダメージを与えることになります。
このダメージは、肌表面にある角質層も受けることになります。
角質層は肌のバリア機能を果たす場所でもあり、ここがダメージを受けてしまうと、保湿成分であるセラミドを失い、肌が乾燥してしまい毛穴も目立つようになります。
また角質層にダメージを受けると、その傷ついた角質を修復しようと、新しい角質をドンドンと作り出そうとし、その結果、未熟な細胞が作られたり、古い角質も多くできることになってしまい、角栓もできやすくなってしまうのです。
これでは一時的に黒ずみを解消したとしても、さらに黒ずみを作るサイクルからは抜け出すことができません。

 

1-2.肌へのダメージでターンオーバーが乱れる

肌はダメージを受けることにより、ターンオーバーが乱れることにもなります。
ターンオーバーとは、肌細胞が生まれ変わるサイクルのことをいい、ターンオーバーが早すぎれば未熟な細胞が増えることもあります。
一方、遅くなれば古い角質がどんどんと溜まることになるので、黒ずみを改善させるためには正常なサイクルが重要になります。
肌サイクルが乱れることは、毛穴の開きの原因ともなり、黒ずみを悪化させることにもつながってしまいます。
正常な肌サイクルに戻したり、維持するためにはセルフケアによる肌ダメージを減らすことが大切です。

 

1-3.毛穴が開いて汚れが詰まる原因に

毛穴パックを頻繁に使えば黒ずみのない鼻を保つことにつながるのですが、そんなケアをしていたのでは肌に大きなダメージを与えてしまい、肌サイクルを乱し毛穴が大きく開いた状態になってしまいます。
毛穴パックでは、角質層にダメージを与えることにもなります。
角質層がダメージを受けることにより、肌の保湿機能も低下し、肌が乾燥しやすくなります。
乾燥によって肌トラブルを引き起こしたり、毛穴が閉じなくなってしまうのです。
毛穴が開けば、そこに汚れも溜まり詰まりやすくなり、毛穴の詰まりによって角栓ができ、角栓が酸化することにより黒ずみができてしまい、いつまでたっても黒ずみに悩まされることになってしまいます。

2.パックの使用頻度には注意が必要

毛穴パックは黒ずみを悪化させる原因となります。
となると、もう毛穴パックは使えないと思ってしまいますよね。
毛穴パックを使うことで、一時的とはいえ、気になる黒ずみをなくすことができ、イチゴ鼻で悩む人にとっては重要なアイテムとなっています。
そのため、毛穴パックを使いたいという人も多いでしょう。
毛穴パックを使う時には、本当に必要な時だけ使うというのがポイントです。
この日だけは少しでも綺麗な自分でいたい、鼻の黒ずみを見られたくないという時もありますよね。
そんなときだけ毛穴パックをを使うようにすれば、肌への負担も軽減させることができます。
目安となる頻度としては、多くても1週間に1回程度にしておきましょう。

3.アフターケアがイチゴ鼻改善への近道

使用頻度に気をつけたとしても、毛穴パックをした後は毛穴が開いた状態となります。
使用頻度を減らしたからといって、この状態を放置していいわけではなく、アフターケアをしっかりとしないと、使用頻度を減らしても肌にはダメージを与えてしまい、結局黒ずみが悪化するということもあります。
使用頻度を減らすこと、さらには使用した時にはしっかりとアフターケアをすることが重要です。
角質層を傷つけ、バリア機能が低下している肌には保湿をしっかりとおこなう必要があります。
毛穴パックを使う時には使用頻度だけでなく、アフターケアをしましょう。
アフターケアが、イチゴ鼻改善への重要なポイントです。

 

3-1.冷水で毛穴の引き締め

アフターケアとしては、冷水での毛穴引き締めが効果的です。
冷水で毛穴を引き締めたからといって、毛穴が完全に閉じる、毛穴が開かなくなるというわけではありませんが、少しでも毛穴を引き締めることで、毛穴を詰まりにくくすることができます。
また、冷水は血行促進効果もあり肌には良い効果が期待できるケア方法です。
ただ、やり過ぎには注意しましょう。
一時的に冷やすことは、肌の代謝促進にも効果を発揮しますが、冷やし過ぎれば逆効果となります。
あくまでもこの引き締め効果は一時的なもので、長くやれば毛穴が引き締まりやすくなるというわけではありません。

 

3-2.化粧水などで保湿する

最も重要なアフターケアが、化粧水や美容液などを使った保湿です。
この保湿はとても重要な役割があります。
角質層にダメージを受ければ乾燥しやすくなってしまいます。
角質層にはセラミドという保湿成分が多く存在し、このセラミドによって肌の潤いが保たれています。
しかし、毛穴パックを使うとこの角質層が傷ついてしまい、その状態の角質層では肌の水分量が保てないのです。
従って、毛穴パックを使用した時には、化粧水や美容液などを使って肌の水分量を保ってあげることが黒ずみを悪化させないアフターケアとなります。
アフターケアをして、上手に毛穴パックを使っていきましょう。

4.黒ずみを消すには正しい洗顔!

アフターケアをしっかりとすれば毛穴パックからの肌への負担を減らすことができるのですが、だからといって頻繁に使用してもいいというわけではありません。
あくまでも毛穴パックは一時的な対処法です。
根本的に解決するためには、日頃の生活習慣やスキンケアが重要になります。
特に洗顔は重要なポイントで、この洗顔で肌に負担をかけていたのでは、黒ずみを悪化させる原因となります。
洗顔時には、泡立てネットなどを使って洗顔料をしっかりと泡立てて、手から肌への摩擦を軽減させましょう。
そして、毛穴パック同様に、洗顔後の保湿ケアも重要です。
肌の状態を正常に保つことで、黒ずみの根本的な解決をすることができます。

ビオルガクレンジング

いちご鼻のケアにはビオルガクレンジング!
いちご鼻、鼻のぶつぶつは洗顔でのケアが効果的です。
「ビオルガクレンジング」は毛穴の悩みを考えて作られた、毛穴ケアに特化した洗顔フォームです!
いちご鼻の原因である毛穴汚れを落とし、配合されている和漢・美容成分によって、毛穴を目立たなくする効果があります。
今なら通常購入で3,990円のところ、初回限定で62%OFFの1500円(税抜)でお得に購入が可能です!

ビオルガクレンジング公式サイト