鼻 ぶつぶつ オロナイン

1.鼻のぶつぶつをオロナインで治療する方法!

ネットで話題となっている、鼻のぶつぶつを改善させる方法がオロナインを使った方法です。
オロナイン軟膏と言えば、吹き出物やはたけ、火傷やしもやけ、水虫など肌の炎症を起こしたときの万能薬として知られていますが、このオロナインを使うことで、鼻のぶつぶつを改善できると話題となっています。
よく、鼻のぶつぶつなどの黒ずみケアでは毛穴パックが使われています。
しかし、毛穴パックでうまく取り除けなかったという人もいるのではないでしょうか。
毛穴パックで上手く取り除けなかった角栓などをピンセットで取り除くという人もいるかもしれません。
そのようなケアをしているとさらに症状を悪化させることもあるのですが、オロナインを使うことで、毛穴パックの効果を高めることができます。

 

1-1.オロナインの効果的な使い方

オロナインの使い方はとても簡単で、いつもしている毛穴パックの前にオロナインをたっぷりと塗るだけです。
オロナインには肌を柔らかくしたり、配合されている油分によって角栓が動きやすい状態にしてくれ、いつもの鼻パックをする前に塗るだけで、ニキビや黒ずみの原因となる角栓を効果的に取り除くことができます。
角栓は周りの皮膚ともくっついていることがあり、無理に取り除こうとしてもなかなか取れませんし、無理に取り除いてしまえば周りの皮膚などもはがしてしまい肌に多くのダメージを与えることになります。
今まで鼻パックをして効果があまり得られなかったという人にはぜひ試してもらいたい毛穴ケア方法です。

 

1-2.オロナインを使った鼻パックでぶつぶつを改善できる!

久しぶりに学生時代に仲の良かった友人に会える同窓会、新しくできた彼氏とのデートなどの時には、少しでも自分を綺麗に見せたいものです。
そんな時に、鼻にぶつぶつがあったのでは自信をもって会えないのではないでしょうか。
そんなすぐにでも鼻のぶつぶつを改選させたいという時に大きな助けとなるのが、オロナインを使った鼻パックです。
このオロナインを使った鼻パックをしたからと言って根本的な解決にはなりませんが、一時的にでも黒いブツブツがない鼻を取り戻したいという人には最適なケア方法です。
特別の日の前には、オロナインを使ったケアは効果的な方法です。

 

鼻のぶつぶつ 改善 オロナイン

2.鼻ブツブツに効果的なオロナイン鼻パックの方法

オロナインは一時的に鼻ブツブツを改善させるにはとても効果的な方法です。
その効果をしっかりと得るために、やり方を覚えて効果的なケアをしていきましょう。
やり方によっては、このオロナインパックの効果が実感できないこともあります。
例えば、オロナインは油分が多く、オロナインが少しでも残っている状態で鼻パックをしても、しっかりと密着せず、逆に全く角栓がとれなかったということも起こってしまいます。
期待してオロナイン鼻パックをしたのに、全く効果が得られずがっかり、といったことがないように、やり方をしっかりと確認していきましょう。

 

2-1.適切な洗顔と保湿ケア

オロナイン鼻パックをする前に知っておきたいのが、適切な洗顔と保湿ケアです。
鼻パックは、オロナインを使ったとしても無理に角栓を取り除くことには変わりなく、どうしても肌には負担をかけることになるケア方法です。
そのため、毎日の洗顔や保湿はしっかりとする必要があります。
洗顔をするといっても、しっかりと泡立てて短時間で洗顔を済ませて、肌に負担のないケアをすることが大切です。
また、ケア後の保湿は肌の状態を正常に保つためにはとても重要なケアです。
このケアはしっかりと守って、オロナイン鼻パックをしていきましょう。

 

2-2.オロナインの塗り方

オロナイン鼻パックをする手順としては、まずオロナインを塗る前に洗顔をして鼻の汚れをしっかりと落とします。
その後、オロナインを塗るのですが、通常の塗り方ではなくたっぷりと塗りましょう。
目安としては、鼻が真っ白になる程度塗ります。
鼻が見えないほど塗るとなると意外に多くの量を使うことになるのですが、ここはケチらず鼻が見えなくなるほどたっぷりと塗りましょう。
厚みとしては1ミリ程度が目安になると思います。
このオロナインを通常の鼻パック前に塗ることにより、角栓を取り除きやすくするだけでなく、通常の鼻パックよりも毛穴や皮膚に与えるダメージの軽減にもつながると考えられます。

 

2-3.放置しておく時間

オロナインをしっかりと塗ったら、そのまま皮膚や角栓が柔らかくなるまで放置します。
放置する時間としては10〜15分程度です。
10〜15分というと、待っているには意外に長い時間となります。
そのため、お風呂などに入りながらこのパックをしようと考える人もいるかもしれません。
お風呂に入ることで、身体が温まり毛穴も開くことから効果的なように感じますが、その後の鼻パックに影響があります。
温まりすぎると汗をかいてしまい、鼻パックの密着度が低下してしまいます。
毛穴を開かせるには蒸しタオルがおすすめです。
蒸しタオルは水に濡らしたタオルをロール状に巻いて、電子レンジで1分程度で作ることができます。

3.鼻のぶつぶつが多くてもオロナインパックのやりすぎには注意

鼻のぶつぶつにはとても効果的なオロナインパックなのですが、注意点もあります。
それがやりすぎです。
効果が高いということもあり、何度もケアをすることで鼻のぶつぶつがなくなるのではないかと思ってしまいます。
しかし、このケアは一時的なケア方法であり、鼻のぶつぶつを根本的に治せるといった方法ではありません。
また、とても負担がかかるケア方法なので、多くても週に1回、できれば2週間に1回程度の頻度ですることをおすすめします。
それ以上のケアをしてしまうと、さらに鼻のぶつぶつを増やすことにもつながります。
オロナインパックを上手く活用しながら適切なケアをしていきましょう。

 

3-1.適切な治し方とアフターケア

鼻のぶつぶつの適切な治し方としては、肌のターンオーバーを正常化させることです。
肌のターンオーバーが乱れることにより、皮膚が固くなり毛穴が開いた状態にもなります。
また、古い角質が溜まりやすく、その古い角質が皮脂と混ざり合うことにより角栓の原因となり、その角栓が酸化することによって嫌な鼻のぶつぶつとなります。
そのため、鼻のぶつぶつを改善させるためには、毎日のスキンケアによって、肌のターンオーバーを乱さないことが必要になります。
オロナインパックは、この肌のターンオーバーを乱す可能性があるケア方法のため適切な頻度が重用です。
このオロナインパックをした後は、保湿成分が配合された化粧水や美容液などを使い、しっかりと保湿をして肌をいたわってあげましょう。

4.オロナイン鼻パックでぶつぶつが治った体験談

オロナイン鼻パックをした体験談を詳しく紹介しているサイトを見ることができました。
このサイトでは、写真付きで自分の体験談を紹介しています。
その体験談を見ると、10年以上愛用している鼻パックを使い、オロナイン鼻パックをしたところ、今まで経験がないほど角栓が取り除けたようです。
パック後の鼻の状態にも驚いていて、高い効果が期待できるケア方法です。
しかし、このパックでも鼻の負担が大きいと感じているといった口コミなどもあり、やはり頻度には注意が必要です。
適切なケアで、肌に負担のないケアをしていくことが大切です。

ビオルガクレンジング

いちご鼻のケアにはビオルガクレンジング!
いちご鼻、鼻のぶつぶつは洗顔でのケアが効果的です。
「ビオルガクレンジング」は毛穴の悩みを考えて作られた、毛穴ケアに特化した洗顔フォームです!
いちご鼻の原因である毛穴汚れを落とし、配合されている和漢・美容成分によって、毛穴を目立たなくする効果があります。
今なら通常購入で3,990円のところ、初回限定で62%OFFの1500円(税抜)でお得に購入が可能です!

ビオルガクレンジング公式サイト